結婚前の同棲は必要か?

恋愛と同棲は違います。そして、同棲と結婚も違います。
だからこそ、結婚前の同棲が必要なのです。


将来的に結婚を考えているカップルであれば、同棲を始めるケースは多いですね。
そこで、今回は結婚するために同棲は必要なのかを考えてみたいと思います。

同棲は絶対に必要

最初に結論を書いてしまいますが、結婚前の同棲は絶対に必要だと私は考えます。
何故か。 それは永きに渡るであろう結婚生活を幸せに過ごせる可能性を少しでも高めたいからです。

同棲と結婚は違う

同棲と結婚は、恋人同士が一緒に暮らすという意味においては同じです。 しかし、同棲は赤の他人同士、結婚は赤の他人同士が家族になるという大きな違いがあります。

夫婦になれば相手の家族であったり、会社の人達との付き合いなども増えてきますし、夫婦になってからの財産や資産は原則共有することになります。

背負うものの重みが違う

結婚とは夫婦でいるという状態を維持する契約です。
そのため、その契約を破棄、つまりは離婚をする場合にはお互いが納得していない場合には慰謝料など大きな代償をはらうことになります。
また、それ以外にも離婚を経験した人、つまりはバツ持ちの人というのは未だに世間においても良い見方はされない傾向にあり、そういう意味でも不利益を被る可能性があります。

さらに離婚というのは当事者ふたりだけでなく、親や子ども、親戚など親族にも大きな影響を与えることであります。 それに比べて同棲であれば、途中で別れても痛いのは引っ越しにかかるお金程度であり、この部分の違いはとても大きいです。

同棲は結婚の予行練習

長くなってしまいましたが、結婚は関係を破棄することが大変であるため、結婚するという決断も慎重にするべきです。
同棲は、一緒に暮らして相手の様々な部分を知ることができ、自分との相性確認することができる結婚の予行練習のようなものです。
そのため、結婚前の同棲は非常に重要だと思います。

価値観、感覚、性格、違う部分はたくさんある

月に数回会う程度では分からないことでも、一緒に暮らすと分かることは本当にたくさんあります。
起きる時間、寝る時間、暇な時間の潰し方、観るチャンネル、食事の作法、味覚、金銭感覚、綺麗好きの度合い、収納のルール、などなど本当に数えきれないほど確認できることが多く、自分とは違う部分も本当に多いです。

自分と合うのかどうかを判断する良い機会

同棲をすることで、その全てが分かる訳ではありませんが、自分の中の感覚として「この人とは暮らしやすいかどうか」を感じ取れると思います。
同棲の期間が長いほど、隠していない相手の素の部分がより出てくるものです。

結婚すればその人との暮らしがずっと続いていく訳ですから、自分と合うのかをゆっくりと判断する良い機会になります。

意外と違う相手との生活パターン


埋められる部分、埋められない部分

自分と相手は違う人間ですが、その違いを話し合って埋めていけるチャンスもあります。
直して欲しいところなどは、伝えていきましょう。 そして、自分側だけが言うのではなく、相手の言ってきたことにもしっかりと耳を傾けましょう。

しかし、どうしても埋められない部分もあります。
カップルによってその違いは様々ですが、根本的な性格であったり、味覚であったり宗教、文化など埋められない部分もあります。
それは仕方のないことなので、それを自分(相手)が受け入れられるかどうかです。

同棲をすることで自分の成長にも

家族以外の誰かと暮らすということは、たくさんの驚きと戸惑い、時には不満もあるかもしれません。
しかし、同棲することでより愛情が深まったり、毎日が楽しいものになることもあり、それは人生において大きな喜びでもあります。
また、同棲をすることで例えそれがうまくいかなかったとしても、自分の人間的な成長にもつながります。 将来、結婚を考えている相手がいるのであれば、時期をみて同棲を始めてみるのはいかがでしょうか?





同じカテゴリの記事一覧




最新記事



人気のある記事



カテゴリ