同棲・結婚に向いていない女性の特徴

同棲・結婚は誰にも向いている訳じゃない。
その特徴って何だろう?


同棲・結婚というのは2人の共同生活です。誰もがその共同生活でうまくいくとは限りません。 今回は同棲・結婚に向いていない人の特徴を考察してみます。今回は女性編です。
女性編といいますが、特に大きな意味はなくそのまま男性にも当てはまる内容であると思います。 あくまで個人的に思っていることを紹介しますので、軽いスタンスでご覧ください。


浮気をする

これは男女限らず、同棲・結婚・付き合いをする上で浮気はNGです。 まずないケースとは思いますが、相手が容認した場合を除き、浮気・不倫は裏切り行為となります。 自分の意志で他の男性に近づくことはもちろんですが、押しに弱く流されやすい女性(断れない女性)の場合は、浮気に該当することをしてしまわないように注意しましょう。

浮気はバレなければ良いという考え方もありますが、どこでバレてしまうか分かりません。 相手を深く傷つけることですので、浮気をしてしまいそうな女性は同棲・結婚には向きません。

察してちゃん

同棲・結婚したとしても、相手の考えていることなんて完全に分かることはありません。
だからこそ「こうしてほしい」「あれは嫌」といった意思表示とコミュニケーションを繰り返して、お互いをより理解し、充実した同棲・結婚生活を行っていけるのです。 自分に気に入らないことをされたとして、それを相手に伝えずに、そっちで考えてというのはコミュニケーションを放棄しています。

察してちゃんと過ごしていると、何を考えているのか分からず、また(相手からすれば)思わぬタイミングで機嫌を損ねるため、一緒にいると疲れます。 お互いに気持ちを言葉で伝えることが大切です。


ネガティブ

同棲・結婚に限らず、日々の生活においてうまく行かないことはたくさんあります。 とは言え、二人で共同生活を過ごす以上、その度にネガティブになっていては相手の気持ちも滅入ってきます。
最初の方は励ましたりしてくれるでしょうが、それが常態化してしまうと相手も励ますのに疲れ、関係を終えるかネガティブになっていても相手にしないといったように同棲・結婚生活が破綻します。


依存・頼りまくり

同棲・結婚生活はどちらかがどちらかを支えてあげるものではありません。 お互いがお互いを支え合っていく必要があります。
そのため、お互いが精神的に自立していなければ、片方に負荷が片寄っていきます。 相手に依存したり、何でもかんでも任せっきり・頼りっきりの女性は、同棲・結婚には向きません。

管理したいちゃん

同棲・結婚となると、二人分の収入と支出を考慮した上で生活していかなければなりません(いわゆる家計ですね) 基本的に女性はこの家計を管理したがる傾向にあります。

しかし、実際にはそのうちの結構な割合の女性がお金の管理がそのパートナーよりも苦手なケースがあり、その場合はパートナーの苦労や財政状況の悪化の要因となります。
なぜ管理したいのかと言えば、主導権を握りたい、自信過剰、お金を自分の思うように使いたいなどが理由として考えられますが、どれも「二人のための合理的な判断」というよりは、「自分にとってやりやすくするための判断」と言えます。

趣味がないちゃん

男性で趣味を持っている人は多いですが、女性はそれほどまでは多くない傾向にあります。 趣味がないこと自体は、必ずしも悪いことではないのでしょうが(もったいないとは思いますが)、それを相手に押し付ける困ったちゃんは、パートナーは必ず苦労するでしょう。

例えば、多いのが「ゲームやめて」です。私の周りでも多く聞きます。 彼氏・旦那のことが好きすぎて、ゲームをやっている時間が寂しくてずっと話をしたり、イチャイチャしたり、かまっていてほしいというタイプと、好きかどうかではなく純粋に自分が趣味がないのに、横で夢中になられているのが不愉快というタイプの人も中にはいるでしょう。
ゲームなどの趣味は男性の気分転換や人生の充実に置いて必要不可欠とも言える要素です。 それを否定する女性はやっぱり、同棲・結婚には向きません。


料理が下手であることを自覚していないちゃん

同棲や結婚などの共同生活において、食・つまり料理は生活の基盤です。 料理が下手であることは仕方のないことですが、それを自覚していない、または自分はうまいと思い込んでいるタイプは、男性にとって非常に厄介です。

下手であることを認識し、謙虚な気持ちを持っているのであれば、料理教室に通ったり、レシピ通りに作ったりといった、「美味しい料理を作れるようになるプロセス」を踏むことができますが、そうでなければ相手の言うことなど聞き入れず、それが原因でケンカになったり、美味しいご飯が食べれずにパートナーの生活満足度が下がります。

大事なことは、自分の押し付けをしないこと

以上、個人的に同棲や結婚に向かないと思う女性の特徴を紹介しました。 共通していることは、どれも「自分本位であること」です。

同棲・結婚生活において重要なことは、お互いに尊敬して敬意を持ち、コミュニケーションをとってお互いの考え方や希望を話しし合い、落とし所を見つけていくことであると思います。 女性の方は、自分に思い当たる節がある場合には、それを改善できるように努力していきましょう。

人は急には変わりませんが、変わろうと思わなければ変わることはできません。 一方で、男性は同棲・結婚を考えている女性がどういう人であるかを付き合っている期間にしっかりと見極めることが、将来的なお互いの幸せにプラスになります。





同じカテゴリの記事一覧




最新記事



人気のある記事



カテゴリ