同棲・結婚に向いていない男性の特徴とは?

同棲・結婚は誰にも向いている訳じゃない。
その特徴って何だろう?


彼氏・恋人としては良くても、同棲・結婚するとうまくいかなくなったという話は多いものです。 そこで、今回は同棲・結婚に向いていない男性の特徴を考察します。
男性編といいますが、特に大きな意味はなくそのまま女性にも当てはまる内容であると思います。 あくまで個人的に思っていることを紹介しますので、軽いスタンスでご覧ください。


浮気をする

まず、これは至極当然過ぎることではありますが、「浮気をする男性」です。 同棲であれ、結婚であれ、浮気は相手を裏切る不誠実極まりない行為です。
浮気自体は、男性でも女性でもとにかくご法度であり、それをするパートナーとは付き合う価値もないとも言えます。

女性も浮気をしますが、男性は本能において「より多くの女性と行為したい」というようにできていますから、心の浮気よりもライトな気持ちの、カラダの浮気へのハードルが低い傾向にあるのではないでしょうか。 とにかく、浮気をする男性は結婚にも同棲にも向いていません。

定職に付いていない、転職がとても多い

同棲・結婚となると好きという感情だけではどうにもならない部分があります。 その大きな一部分が「経済力」と「芯」とも言える部分です。
お金を稼ぐことは必ずしも男性が主体となって行うことと断定してはいけませんが、今の日本の社会では実質的にそうならざるを得ません。 女性の出世は難しいし、出産により物理的にキャリアの離脱が当然に起こりますので、経済力のベースとなる部分はやはり男性が担う必要があります。 そんな男性が経済的に危ないのはリスクでしかありません。

特に大切なことが「定職に付いていない」「転職が多い」ということです。 今現在の経済力はさておき、将来的な経済力を期待できません。 そうなると、結婚式、出産やマイホーム、マイカー、育児、教育といったライフステージの重要な局面において苦労するのが目に見えています。

また、継続力がなく、物事に関して一貫した芯がないため、性格的な面でも女性が将来苦労することは容易に想像できます。 その二つの意味で、やはり同棲・結婚には向きません。

すぐ感情的になる、激昂する

同棲・結婚はコミュニケーションの積み重ねが大切です。 そのためにはお互いがお互いを理解しようと話し合う姿勢がとても重要です。 自分の気に入らないことがあるとすぐに感情的になる、激昂する男性は同棲や結婚には向きません。

すぐに感情的になる男性だと、言いたいことが言いづらくなったり、いつ激昂するかと緊張感を常に抱えてしまうことになり、パートナーの精神的な負担が多くなります。
また、話し合うことを放棄しているので、お互いがより気持ちよく生活するという前進も見込めないため、結局我慢を重ねていくしかありません。 普通に付き合っている時はワイルドに見えても、同棲・結婚となるとやはり「穏やか」「優しい」が重要です。


ずっと実家暮らしだった

同棲・結婚前に一人暮らしを経験していない男性も、同棲・結婚にはリスクがあるかもしれません。
ずっと実家で生活していれば、掃除・洗濯・料理といった家事はやはり家族が主にやっているでしょうから、家事の面でパートナーがストレスを抱えそうです。 また、税金や光熱費、保険や車の維持といったように独立しないと経験できないことも多く、社会的自立力に乏しい男性は、同棲・結婚によってパートナーの苦労が増えそうです。

同棲期間は、お互いの悪いところも把握できる良い機会

同棲・結婚に向いていない男性の特徴をいくつか挙げさせていただきましたが、いかがだったでしょうか。 ほとんどが女性にも当てはまるケースとも言えますね。

同棲の先に結婚を見据えている場合には、同棲というにはパートナーの良いところだけでなく、悪いところも把握できるとても良い機会です。
共同生活をして充実した生活を過ごしていきたいのであれば、むしろ悪い部分を許容できるかが重要であったりします。 その部分を自分が受け入れられるか、また相手が直すように努力をしてくれたり、コミュニケーションが取れるかが重要になります。
同棲生活期間にそういった部分もお互いが確認するようにすると良いのではないでしょうか。





同じカテゴリの記事一覧




最新記事



人気のある記事



カテゴリ